2021年11月22日月曜日

刹那の彩り

週に一度担当している郡山での講義を終えて、大学の敷地を出ようとしたとき、赤い色が目に留まりました。

手前が椿で奥が楓でしょうか。

若く瑞々しく、滾るエネルギーを感じる赤、一方、枯れて落ちようとしている赤、同じ赤でも立場の違う色合いに、しばし見入りました。

 


落葉樹は葉を落とさなければなりません。花は咲かなければ種子をつくれません。どちらも彼らにとっては大切な、いのちをつなぐ行為です。そして、それぞれの一生の、とある刹那に、それぞれに美しい彩りを見せてくれます。

これらの赤い色が見えなくなると、いよいよ本格的に冬がやってきます。言い換えれば春に向かう準備の季節です。

自然は偉大な、最高の先生です。


2021年11月17日水曜日

おかげさまで無事に

 七ヶ浜ミュージカルの20周年を記念して上演された『七つのはまのいき物語』
おかげさまで、無事に4回公演終了することが出来ました。


 

写真ではわかりにくいですが、客席通路に面した席は使用不可とし、さらに1席ずつ間隔を空けて客席をつくって、お客さまをお迎えしました。

換気は劇場の換気能力を3倍まで上げていただき、もちろん入場時の検温、毎回の客席消毒も。細やかで慎重な感染予防対策を施して頂いた主催者の皆さまのご尽力に心から感謝申し上げます。

さらにチケットはLINEチケットのシステムを活用していただき、販売から入場まで非接触型のチケット扱いが可能となりました。初めての経験でしたが、入場時の混乱などなくスムーズな入場をしていただくことが出来ました。 




これは見せ場のひとつ。ゲネプロ時に私が撮影したものです。演出的にはネタバレですが(笑)

写真のように、ホリゾント幕を開くと、美しい七ヶ浜の海が見えるという素敵な劇場。
震災前からずっと見ているこの角度からの町。
震災前、震災直後、そしてあれから10年を経た景色。

瞼の記憶も一度に飛び込んでくる感じがして、何だか涙が自然に出てくるのでありました。

たまたま当日県外から七ヶ浜国際村を訪れて面白そうとチケットを買って観たというお客さまから、帰りにとても感動して、泣けた。皆さんとてもお上手でびっくりしたとお声がけ頂き、20年間のNaNa 5931の皆さんの努力の果実を頂いたような気分になりました。

今回の公演においで頂いた全てのお客さまに、この場をお借りして心から御礼申し上げます。

2021年11月9日火曜日

いよいよ実現

 この一週間は、舞台を使わせてもらってのリハーサルが続いている。なんともぜいたくな環境である。

ミュージカル『七つのはまのいき物語』の舞台となる七ヶ浜国際村ホール。なんと舞台の奥、すなわちホリゾントの向こうにはこんな景色が広がっているのだ。さらにぜいたくな環境。



20年以上通っているこの場所とこの景色は、もうすっかり自分に馴染んで、実に癒される。 いつまでも眺めていたい。

しかし、10年前はこのアングルで、画面の左手には山があって、その向こうの海岸沿いはまだ瓦礫の山で茶色い光景が続いていた。

私は、そのことも同時に思い出す。

震災後、この町の人たちと劇場の灯火を復活させたように、コロナ禍でも負けずに、みんなの知恵と力を寄せあって、昨年実現出来なかった公演を、いよいよ今週末に実現させる。

皆の心は、この海の向こうの空のように晴れている。


2021年10月30日土曜日

駆け足で

数日前、所用で通りかかった近所の商店街では、イルミネーションの電飾作業が行われていました。



もう10月も終わりですから、商店街では11月になればクリスマス🎄や年末商戦に突入、その準備でしょうか。

私も自分の舞台を終えるやいなや、七ヶ浜町で開催するミュージカル公演の準備で連日現地入り。

駆け足で季節が過ぎていくように感じています。



2021年10月26日火曜日

おかげさまで

 感染症予防策の一環として客席を半数以下に減らして、1回当たり80席限定での開催となったミュージカル・ピクチャー・ブック『注文の多い料理店』。

おかげさまで全公演ほぼ定数のお客さまにおいで頂き、無事に終了することができました。

 


ご来場のお客さまはじめ、本公演開催にあたりご尽力頂きました全ての皆さまにこの場をお借りして心より感謝申し上げます。

尚、公演の写真の幾つかがSCSのInstagramにてご覧頂けます(^^)


2021年10月20日水曜日

レイトリー

すっかり更新をサボってしまい早2週間が過ぎてしまいました。
此の間、仕事はサボっていたわけではないのですが、とにかく一日が矢のように過ぎていきます。合間に温泉に浸かるのは忘れていませんが(笑)

今週末のライブコンサートに備えてギター弦の交換などもやりました。



今回私はナイロン弦のギターを使います。もちろん相方のサイトウミノルはエレキギター、フォークギター、クラシックギター、コンピュータ(今やコンピュータも楽器ですね)を駆使して全体を支えてくれます。

サンドイッチ形式でお送りするライブパフォーマンスの「具」に当たる部分は『注文の多い料理店』。芝居部分の音楽はほぼサイトウミノルの作品です。先日の稽古場では藤田和正と眞坂祐貴の演技が光っていました。役者やダンサー、子どもたちにも大いに支えてもらいながら上演する『Musical Picture Book』(チラシは前回記事に掲載してあります)、どうぞお楽しみに!


一方、11月には七ヶ浜でミュージカルで上演。チケットの発売も開始されて、順調な滑り出しを見せています。演目は『七つのはまのいき物語』今回は七ヶ浜町のミュージカルグループ「NaNa5931」の結成20年を記念して、これまでの人気キャラも登場する面白いオリジナルミュージカルになりそうです。

今回は、現場の劇場で梶賀センセが場面をつくりながら、台本を同時執筆していくスタイルです。もちろん振付も同時進行していきます。



こちらの情報も折を見てこのブログでも紹介していきますね。


2021年10月6日水曜日

今月のライブ・コンサート

今月、JUN_haevest のライブやります。Musical Picture Book (ミュージカル・ピクチャー・ブック)と銘打って、この春に開催した新しいスタイルのステージの第2弾です。

今回は宮沢賢治の『注文の多い料理店』をモチーフに、ライブの間にミュージカル風のお芝居をサンドイッチするという Musical Picture Book ならではの一風変わった構成です。

サイトウミノルと私ヒロセ純の共作で全曲オリジナルの音楽をギター2本+αの構成でお届けします。




緊急事態宣言やまん延防止等重点措置は解除となっていますが、念のため、客席を半分に減らしての上演です。したがって、みなさまゆったりとお楽しみいただけます(笑)

みなさまぜひぜひお越しくださいませ~。劇場にてお待ちしておりま~す。

2021年9月26日日曜日

劇場にて~予防策をとりながら

今日のニュースによれば、どうやら今月末で緊急事態宣言や蔓延防止重点措置などは解除されるような雰囲気になってきている。

しかし、油断禁物であることに変わりはない。 私たち舞台芸術に関わるものたちにとっては、感染防止と安全確保の策を、稽古場でも劇場でも常態化させる取り組みが必要であると感じている。

昨日から開始しているSCSミュージカル研究所の公演では、そうした対策を施した上でお客さまにミュージカルや舞踊劇、コンサートなどを楽しんで頂く挑戦を続けている。

検温や消毒は勿論のこと、万万が一のために半券の裏にご連絡先を記入いただいたり、アンケートはQRコードを読み取っていただきき記入する方法をとったり、少し寂しいですが、キャストへのプレゼントは辞退させて頂いたり、出演者によるお客さまお見送りを取りやめたり…お客さまへのお願い事やご負担も増え我々主催者側でも多くの条件や制限を設けて実施している。

それでも、手間や負担は増えても、舞台の灯を消さぬよう、子どもたちが踊ったり歌ったり演技したりできる場をなんとか繋いでいこうというのが我々の決意でもある。

子どもの成長は早い。この2年近くのマスクをつけた生活様式がどんな影響を及ぼすのか見当がつかないが、人生を謳歌するには、文字通り人間は歌ったり踊ったり時には演技を楽しみ、未来に向かっていくのだと、ミュージカルづくりという狭い範疇かもしれないが、明るく地道に伝えていきたいと考えている。

写真は、昨日公演前リハーサル時のスナップ。


 



公演の前後にはボランティアスタッフによる客席消毒作業などがその都度行われている。

 
私たちの世代も、こうしてお手伝いのボランティアをかって出てくださる子どもの親たちの世代も、想いはひとつである。
 
どんなに困難な時代でも、なんとか道を拓こうという姿を示していくことは、大人たちのミッションでもあると感じている。


 

2021年9月16日木曜日

しっかりと

最近気になる言葉が「しっかりと」。

特に政治に関わるような責任ある方の発言に目立つ。しかし、ご自分で「しっかりと」を多用される方ほど「しっかりとした具体策をもっていない」ように感じるのは私だけであろうか(笑)

さて、コロナ禍においてしっかりとやらなくちゃいけないのが、感染症対策。特にわれわれ舞台づくりや上演に関わる者としては、頭の痛いところである。

一昨年まで当たり前のようにやっていたことのすべてにおいて、ひと手間も二手間もかかってしまう。しかし、安全対策を施しながら舞台の灯を消さない努力を続けることも我々の使命のひとつであろう。

先日、仙台オペラ協会の作品を拝見した。弊社も僅かながら毎年協賛させていただき楽しみにしているこの公演も、昨年からのコロナの影響は大きい。しかしながら、久々に聴いた仙台フィルの演奏も、コロナで苦労しながらお稽古を重ねたであろう出演者の皆さんも最後まで素晴らしかった!特に侍女トリオの歌は印象的。演技もよかった。

 

 

実は、先月はじめに私は先方協会事務局長と感染対策で情報交換をしていた。7月に我々がやはり大ホールを使って素人が参加するミュージカルの上演を行っていたから、その時の感染対策方法などについても意見や感想を求められての電話会談であった。 お互いに最終的に無観客とか中止とか、先の読めない状況下での準備に不安を感じながら制作を進める立場であったので、会談はまた励みにもなった。

さて、今回公演当日、仙台オペラ協会様の出演者は全員PCR検査を行ってから舞台に臨んでいたそうでである、お客さまや関係者に対する感染症対策も、おそらく考えられることすべておやりになっていたのではないだろうか。

情報交換の際には「しっかり」という単語はお互いに使用していなかったが、今回のオペラ公演は、まさに「しっかり」とした感染症対策が施されていたと感じた。

ひょっとして「しっかりと」という言葉は、自分から言うのではなく「あの方の○○対策は実にしっかりとしている」などと、客観的な立場で使われてはじめてその言葉本来の意味を持つのかもしれない。

 

2021年9月9日木曜日

今週は月曜日から木曜日まで連日温泉に入るという幸運に恵まれました。

休みらしい休みを取ったのは今年は初めてかも。健康自己管理もたいせつということで久々の休暇、留守を預かってくれる優秀なスタッフの皆さんに支えられてコロナ禍のご時世を泳いでおります。

県内のとある温泉旅館に投宿しました。泳いでいると言えば、立派なお庭の池では外のコロナ騒ぎとは関係のないような立派な鯉がいらっしゃいました。私の故郷では鯉は食べ物ですがそれは養殖鯉(笑)

大きな鯉の美しい泳ぎにしばし見惚れて、お池というクローズな環境でも、堂々として悠々と泳ぎ生きるその姿は、世知辛いこの世に生きる私たちになんだかちょいとヒントを頂いた気も。



このお宿、お湯が良いので日中は日帰り客で大賑わいですがこの日泊まりは私ひとり。よって宿泊者のみ入れる時間に素晴らしいお湯を独り占めで堪能させていただくという、これまたラッキーな経験をいたしました。

この期間、パソコンや楽器も持参しておりましたが、やったことは締め切りが来ていた原稿を1本書いたのみで、基本的にボーっとして過ごしました。

意図的に作ったヒマ持て余して、友人に「♫みちのくsoloり旅〜」とメールしてみたらウケたので、私も親父ギャグを飛ばす立派な湯治客になったと自覚いたしました。