2018年8月19日日曜日

こころに刻む

千年に一度といわれる地震を体験した私たち。
そして大津波で奪われたいのち、家、土地。

特に命日でも震災後の区切りの日でも有りませんが、未だに時折「こころに刻んでおかなくては」という、自分では説明のつかない衝動に駆られます。

お盆が過ぎて、急に風に秋が混じり込んできたような昨日。
南三陸町の志津川(しずがわ)地区と歌津(うたつ)地区を訪ねました。

私たちSCSメンバーは、そこがまだ歌津町であった頃12年に亘り通って子供たちとミュージカルづくりに励んだ経験を持っています。
昨日は、震災後に同地区への支援活動でお世話になった仲間と、視察という名目ながら「こころに刻む」小さな旅をしました。


たけちゃんが最後まで防災無線のマイクを握っていた、あの防災庁舎。
かさ上げ工事かな。そこへ近づくことは出来ず、遠くから眺めるのみでありました。

私たちが通ったころの街並みと、友人の何人かはもうそこには有りません。
しかし、ちゃんと「こころに刻み込んで」います。
これからも。



2018年8月12日日曜日

花火

昨日は七ヶ浜国際村で久々に昼間(笑)のお仕事でありました。

その事務室で「今日は菖蒲田浜(しょうぶたはま)で花火大会だから夕方は付近が渋滞するかもね」という職員さんのことばに「今日は仕事を終えたら早めに帰ろうかなぁ」などと応えているときに、ふと思い出したことがありました。

それは東日本大震災の翌年。津波で何も無くなった浜の住宅地で打ち上げられた花火です。私は幸運にもこの国際村ホールの屋上から見ることが出来ました。
折しも昨日は11日。
月命日ということもあって、あの日花火を見た場所へ行って見ました。


この写真からは想像できませんが、当時はこのすぐ下まで津波が押し寄せました。
緑の木々と遠くに見える青い海と白い雲、眩しい夏空は、震災の記憶を風化させまいとする私たちとは違って、風化したがっているようにも感じました。

こうした美しい景色、四季の移ろいなどを見るにつけ感じます。
自然に対して人間は無力です。
その証拠に、雲の形も葉っぱの色、数、陽が傾いて伸びて行く影。それらを誰もコントロールすることは出来ません。
スーパーコンピュータもAIも、地震予知はもちろん、台風の進路予想さえ正確には出来ないのが現実です。そして。私たちは自然と対話を重ねながら共生していくほかないのだと、まさにこの美しい景色から諭されたようなひと時でありました。

おっと、花火の話をするつもりが横道に逸れました。
夏の陽射しの幻惑でしょうか。


2018年8月11日土曜日

次回SCS公演チラシできました!

来月は、SCSミュージカル研究所オータムスペシャルです。
お盆を過ぎると東北の秋は一気にやってきます。そして毎年秋ごろにSCSが取り組んでいる舞踊劇「文芸倶楽部」シリーズ。

今回は『ともだち』~走れメロス~(原作:太宰治)と
ダンスショーの『DANCE DAISUKI』
の2部構成です!

とき:2018年
9月15日(土) ①18:00
9月16日(日) ②11:00 ③15:00

ところ:仙台市福祉プラザ ふれあいホール

チケット:2,500円(税込み前売り価格、全席自由)

問合せ:022-224-7051

(チラシはダブルクリックで拡大できます。ダウンロード利用可)



2018年8月9日木曜日

パーカッション・アンサンブル

今夜は週に一度の七ヶ浜通い。
台風が接近している関係で、ミュージカルグループ「NaNaキッズクラス」の振り替えレッスンは急遽お休みといたしましたが、「NaNa5931」と「Groove7」そして「もっきんバンド」のレッスンは通常通り行われました。

写真は「Groove7」のお稽古の様子。七ヶ浜国際村のステージを使わせてもらっています。というのもいよいよ明後日はコンサート本番。


国際村をめいっぱい利用させていただいているみんなの情熱のせいか、台風もこの辺を避けて東のほうへ行ってしまったようです。
みなさんのお越しをお待ちしております!


当日は星律子さん率いる「マリンバファンタジー」の皆さんによるプロフェッショナルなマリンバアンサンブルコンサートもお楽しみいただけます!


お問い合わせは
七ヶ浜国際村 022-357-5931

当日は私も出演グループの紹介で、ちょっとだけ舞台に登場させていただきます(^^♪

2018年8月5日日曜日

田園のイングランド

先週

田園のイングランド: 歴史と文学でめぐる四八景

という 本が彩流社さんから出版されました。



明治大学教授の宇野毅さんとのご縁で、私のエッセイも第2章のラストに掲載していただいております。私の拙い文章でも、こうして立派な本になっているのを見ると感慨深く、素直に嬉しく思います。

彩流社さんのホームページのほか、アマゾンなどからも 購入できるようです。
観光ガイドブックなどでは知りえないイギリスが見えてくる一冊です。ご興味のある方はぜひ!
 

2018年8月3日金曜日

『時代の裂け目に鬼が出る』公演写真4/4

『時代の裂け目に鬼が出る』公演写真 4

先週末2日間にわたり上演いたしましたSCSミュージカル研究所本公演『時代の裂け目に鬼が出る』(作・演出・振付:梶賀千鶴子、作曲:ヒロセ純、音楽監督:サイトウミノル、出演:SCSセレクション、演奏:SCSミュージカルオーケストラ)の公演の様子を、4回に分けてご紹介いたします。お楽しみください(^^♪(撮影:柏谷潔氏)

両日とも沢山のお客様においで頂きました。この場をお借りして心から御礼申し上げます!

尚、このブログに掲載している写真の無断転載ならびに転用は著作権法により禁じられておりますのでご注意ください。









『時代の裂け目に鬼が出る』公演写真3/4

『時代の裂け目に鬼が出る』公演写真 3

先週末2日間にわたり上演いたしましたSCSミュージカル研究所本公演『時代の裂け目に鬼が出る』(作・演出・振付:梶賀千鶴子、作曲:ヒロセ純、音楽監督:サイトウミノル、出演:SCSセレクション、演奏:SCSミュージカルオーケストラ)の公演の様子を、4回に分けてご紹介いたします。お楽しみください(^^♪(撮影:柏谷潔氏)

両日とも沢山のお客様においで頂きました。この場をお借りして心から御礼申し上げます!

尚、このブログに掲載している写真の無断転載ならびに転用は著作権法により禁じられておりますのでご注意ください。









『時代の裂け目に鬼が出る』公演写真2/4

『時代の裂け目に鬼が出る』公演写真 2

先週末2日間にわたり上演いたしましたSCSミュージカル研究所本公演『時代の裂け目に鬼が出る』(作・演出・振付:梶賀千鶴子、作曲:ヒロセ純、音楽監督:サイトウミノル、出演:SCSセレクション、演奏:SCSミュージカルオーケストラ)の公演の様子を、4回に分けてご紹介いたします。お楽しみください(^^♪(撮影:柏谷潔氏)

両日とも沢山のお客様においで頂きました。この場をお借りして心から御礼申し上げます!

尚、このブログに掲載している写真の無断転載ならびに転用は著作権法により禁じられておりますのでご注意ください。









『時代の裂け目に鬼が出る』公演写真1/4

『時代の裂け目に鬼が出る』公演写真 1

先週末2日間にわたり上演いたしましたSCSミュージカル研究所本公演『時代の裂け目に鬼が出る』(作・演出・振付:梶賀千鶴子、作曲:ヒロセ純、音楽監督:サイトウミノル、出演:SCSセレクション、演奏:SCSミュージカルオーケストラ)の公演の様子を、4回に分けてご紹介いたします。お楽しみください(^^♪(撮影:柏谷潔氏)

両日とも沢山のお客様においで頂きました。この場をお借りして心から御礼申し上げます!

尚、このブログに掲載している写真の無断転載ならびに転用は著作権法により禁じられておりますのでご注意ください。









2018年7月30日月曜日

公演無事終了。ありがとうございました!

おかげさまで『時代の裂け目に鬼が出る』公演、無事に終了いたしました。
写真はカーテンコールから出演者が客席を通って、お客さまのお見送りに移動する様子をスタッフが撮影してくれたものです。


東北はもとより、関東、関西、そして九州からもたくさんのお客さまにめぐまれましたこと、この場をお借りして、心より御礼申し上げます。