2018年10月21日日曜日

地図を片手に

オフィスでは長時間座って仕事をすることが多いので、運動不足。そこで、時折近所をうろうろ散歩することがあります。今日は地図を片手に30分ほど昼下がりのお稽古場周辺。

いい天気です。
おっと、地図と言っても本日使用したのはちょっと変わった地図。
正確にはスマホで動く「仙台時間地図」というアプリのお世話になりました。
このアプリのなかに「明治40年発行_最近実測仙台市街全図」というのがありまして、これを参照してみました。おもしろいのは明治時代の古い地図がGPS対応になっていて、古い地図上に現在位置を示してくれるというところです。
明治40年というと1907年。夏目漱石、芥川龍之介、有島武郎、内村鑑三、永井荷風、高村光太郎、谷崎潤一郎などが生きていた時代です。いやぁ~すごい時代だったのですね。

写真は地図のリリースから110年余りを経た平成時代の今日。国分町通りの一番南の端に立ち、かるいタイムトラベラー気分を味わっているところ(笑)


江戸時代は奥州街道として仙台のメインストリートであったこの道は今もまっすぐなままに残っているのがお分かりになるでしょうか?


この道のずーっと先の突き当り、即ち北の端には青葉神社があります。
因みに、この古い地図によれば、青葉神社手前の右手には競馬場があったようです。またこの写真を撮った背後は現在東北大学の金属材料研究所になっていますが、明治の地図では「宮城監獄分監」とありますね。その後ろが第二高等学校(現在の東北大学片平キャンパス)。記録によれば、魯迅が仙台医学専門学校(東北大学医学部)に入学したのは1904年(明治37年)とありますから、まさにこの地図のような街並みであったことでしょう。魯迅さんもこの道を何度も通ったに違いありません。彼の下宿のすぐそばには片平小学校。これは昔と変わらぬ位置のようです。そして、そのとなりの現仙台地方高等裁判所は「宮城控訴院」と書かれています。

昔、この街道はどんな賑わいを見せていたのだろうか、いったいこの道をどれだけの人々が行き来したのだろうかなどと思いを馳せつつ、秋の高い空の下、短いお散歩楽しみました。

2018年10月18日木曜日

東京駅にて

東京駅は訪れるたびに変化があるように感じます。オリンピックを控えているせいでしょうか。工事もあちらこちらいつもやっていますね。
時間調整がてらたまたま通りがかった丸の内側でみつけたお店で軽く食事。
このあたりはグランスタ丸の内というところらしいですね。
その名も「汁や」というお店。


これがなかなかおいしい汁物でした。
十穀米とのセットのやつを頂きました。

美味しく食べられるということは、実はすごいことです。
直前に赤坂で観たミュージカル『生きる』。


原作の黒澤明監督の同名映画は昔観ていましたが、初のミュージカル化された作品を拝見して、改めて黒澤映画の奥深さを感じました。市村正親さん主演の回、これまたその深さを表現して余りあるほどの市村流かつ一流の演技。特に2幕はわが頬に伝うものを禁じ得ませんでした。

あったかい汁物を頂きながら、僕が余命を宣告されたらどう生きるんだろうか
とお椀につかまりながら改めて考えていた東京駅。
平成最後の秋。


2018年10月15日月曜日

秋の童話

先月、梶賀センセの愛猫「燿子ちゃん」がお星さまになりました。
燿子ちゃんは、昨年93歳で旅立たれたセンセのお母さまがとりあげて育てた猫です。
23歳という、猫の世界ではかなりの長寿を全うされての旅立ちでした。

さて、秋になると思い出す童話は宮澤賢治さんの『どんぐりと山猫』。
このおはなしに出てくる猫は空を飛びます。
先日のコンサートでは、その『どんぐりと山猫』をテーマに作った曲を、SCSの子供とともにステージでご披露しました。
歌いながら「燿子ちゃんは今頃どのあたりを飛び回っているのかなぁ」などと想っておりました。


舞台では、スライドや動画をつかって表現することもありますが、今回はセンセの発案で子どもたちが、私のつくった歌詞にあわせてお話が進むような演出を施して頂きました。
まるで「みんなのうた」の舞台版(笑)
楽しい時間でした。

2018年10月9日火曜日

JUN_harvest with SCS Concert

10月7日~8日、沢山のお客さまと共演者の方たちの熱意、スタッフの皆さんの大きな力に支えられて、4年半ぶりのコンサートを無事に終えることができました。
関わってくださった全ての皆さま、ほんとうにありがとうございます。


舞台カメラマンの柏谷潔さん撮影の写真で舞台の様子を少しだけご紹介いたします。







尚、本ブログに掲載のコンテンツ(写真を含む)を無断で転載、転用することは法により禁じられておりますのでご注意願います。


2018年10月1日月曜日

ありがとうございます。無事終了。

帝人株式会社100周年記念米沢イベントのなかでご披露いたしましたミュージカル。満場の拍手を頂戴して無事に終えることができました。


1918年、米沢に誕生した帝国人造絹糸(現在の帝人)によって、絹糸の代わりになる人工の糸、日本初の人絹(ビスコース法レーヨン糸)が生まれ、事業化された。その設立者の一人、秦逸三(はた・いつぞう)を軸に描かれたミュージカル『Faith』。
今回の上演を通じて、私もあらためて大正時代の米沢とその風土に思いをはせる機会を頂きました。

出演は、米沢のミュージカルグループ「伝国座」。





オープニングナンバーの『オーヴァーチュア―』から早速会場に拍手が沸き起こり、また終演後は沢山のメンバーがお客さまから「感動した」「美しかった」「すごい」などとお褒めの言葉を頂いておりました。

そうしたお客さまからの言葉が私たちの活動の源です。

関係のすべての方々に厚く御礼申し上げます。



2018年9月28日金曜日

100年

帝人株式会社(TEJIN)という今をときめくグローバルな企業は、100年前にここ山形県米沢市に生まれました。
明日はそのことをお祝いする大事な式典のなか、ここ米沢で生まれたミュージカル『Faith』(作・演出・振付:梶賀千鶴子、音楽:榊原光裕)のショートバージョンが、地元のミュージカル「伝国座」により上演されます。

今夜は、梶賀センセはじめSCSの指導員チームも米沢入りして、明日のステージがさらに楽しいものとなるよう、そして作品の完成度を少しでも高めるべく、綿密なリハーサルを行いました。


『Faith』は、帝人の創業者である秦逸三(はた・いつぞう)氏のエピソードを軸に作られたミュージカルです。米沢生まれの筆者は、今夜のリハーサルに立ち会いながら、あらためて100年前の雪深い故郷に想いを馳せつつ、この地がすごい発明や発想を生み出す土壌であったことを誇りに感じて居ました。

自分の生まれたところを誇りに感じるということは人間にとってとても大切なことです。なぜならそれは、生きる力や勇気に繋がっているからです。それを米沢の出演者の皆さまとも共有できることに感動し、さらにプロデューサーとしてこの作品を関わるきっかけを作っていただいた帝人関係者の方々、米沢市の産業課や文化課、米沢上杉文化振興財団の皆さまに深く感謝申し上げます。

明日会場においで予定のお客さま、この元気の出るミュージカル、どうぞ存分にお楽しみくささいますよう!

2018年9月23日日曜日

子どもたちに交じって

毎週土曜日と日曜日の午前は「SCSキッズクラス」のお稽古が繰り広げられています。
元気にごあいさつのあとはまず「ストレッチ」運動から。


子どもにとって、最初のミュージカルレッスンは大変重要な位置づけととらえ、SCSミュージカル研究所では、できるだけ主宰の梶賀千鶴子先生に現場での監修をお願いしています。

実はこの写真を撮影したあと、子どもたちに交じって、私もちょっとストレッチ運動をさせていただきました。(私のストレッチ風景は美しくも可愛くもないので秘密です)
キッズクラスは、ご家族の付き添いも可能なことから時々お父さんやお母さんも子どもと一緒にストレッチに参加している姿が見られることがあります。私もそれに便乗してちょっと参加というわけです。

それにしても、こどもたちの身体はやわかい。ストレッチに関して言えば、大人たちは子どもたちに完敗です。身体の柔軟性のみならず思考も柔軟な子どもたちに大人が学ぶことも多く感じる週末のお稽古場です。


2018年9月19日水曜日

感謝。

劇団四季様より「浅利慶太 お別れの会」へのご案内を頂き、我がSCSミュージカル研究所主宰の梶賀千鶴子と共に、帝国ホテルの会場へと向かいました。

正直なところ、7月13日にご訃報に接して以来、いまだに言葉が見つからない状態です。しかし、昨日の会は、そんな気持ちにひとつの区切りをいただく機会ともなりました。

写真は会場にご案内頂いた直後。このあとお別れの会には続々とお見えになり、政財界、芸能界、演劇関係者約1300名の方々が参列されました。
開式を告げる銅鑼のあと、竪琴を含め10名編成のオーケストラが、静かに『ゲッセマネの園』のメロディーを奏で始め、私は大きな笑顔の先生の写真を見つめながら、最初の4小節ですでに涙が出そうになりました。
浅利先生のメッセージなどをまとめた映像などが紹介されるなど、お式は進み、私たちは、ご案内に従い白いお花を一輪手向けつつ感謝と祈りをささげて参りました。


そして、私たちは献花のあと少し時間調整しながら移動し新幹線に乗り、6時間後には二人とも仙台の稽古場に居りました。

「もう、稽古場へ戻りなさい」

私たちはそんな先生の声を聴いていたように思います。昨日のお別れの会でも映像などで紹介されておりましたが、文字通り「演劇に人生を『捧げ』られた」浅利先生。きっとそう仰ったでありましょう。

1970年代から80年代に浅利先生のお傍で台本作りや演出補を務めた梶賀センセの経験には遠く及ばず、私は平成に入ってから年に1~2度お会いする程度のお付き合いでありましたが、その度に多くの示唆に富んだたくさんの言葉を頂きました。
たとえば昔SCSの稽古場があった愛宕橋近くの小さな店で鰻を食べながら、チケット販売の事や、コンピュータの話…。なかでも、劇団四季のいわゆる全国公演の始まりの地が仙台であったことに端を発した、芸術体験の平準化のお話などは、今でも胸に響いています。


浅利先生、それらの言葉はまさに万巻の書を読むに匹敵するような私の大切なたからものであります。

これまでも、そして、これからも。

2018年9月16日日曜日

舞踊劇『ともだち』&『DANCE DAISUKI』舞台写真(3)

前記事の続き(最終)です。
お楽しみください。
(尚、本ブログに掲載した写真の無断転用は法により禁じられておりますのでご注意願います。)







舞踊劇『ともだち』&『DANCE DAISUKI』舞台写真(2)

前記事の続きです。
お楽しみください。
(尚、本ブログに掲載した写真の無断転用は法により禁じられておりますのでご注意願います。)