2019年2月17日日曜日

舞い上がる雪けむりの向こうに

目の前を2両編成の電車が疾走してゆきました。
ここは、通称、斜平山(なでらやま)の麓にあるJR米坂線の踏切。
この踏切の向こうにはまっすぐな道が続き、その先には壁のように斜平山がそそり立っています。

このあたりの景色は、漫画家のますむらひろし氏も『アタゴオル』の中で描いておられる絵と構図が一致します。氏とはまだお会いしたことはありませんが、高校が同窓で大先輩にもあたります。その昔、ひょっとすると似たような米沢の景色を見ていた可能性もあるのかなぁ。半世紀近く前の小学生の私は、この先に広がる田園風景の中で、オタマジャクシの卵を取ったり、サンショウウオを捕まえたりして遊んだ記憶があります。

さてさてこの写真は一昨日の夜に撮影したもの。


このときの気温はマイナス10.5度。
米沢のミュージカルグループ「伝国座」のお稽古場へ向かう道路は、クルマを進めるとバリバリと音をたてるほどに凍てついています。

そんななか前方の警報機が鳴り、遮断機が下ります。そして電車の明かりとクルマのライトで周囲が一瞬闇に沈むと、疾走する電車が巻き上げる雪けむりの向こう、まっすぐな道の先の山並みが見えた気がしました。
しかし、それはなぜかしら夏の山。電車が通り過ぎた後には道の両側に広がる青々とした田んぼ。

おそらく我が身にインプリンティングされているであろうこの闇と寒さは、意図せず私を妄想に駆り立てます。

それは、生きて行くのに必要な想像力につながる大事な源泉です。
闇は必要です。

2019年2月15日金曜日

熱気あるお稽古場の外で

昨夜の七ヶ浜国際村。
館内では、ミュージカルグループNaNa5931と、パーカッショングループGroove7が熱心にそれぞれの稽古を重ねています。
はじめてこのブログをお読みになる方の為にちょっとだけ補足させて頂くと、どちらも不詳ヒロセ純がプロデュースを仰せつかっているグループ。七ヶ浜町にはその指導に通い始めてもう18年目になります。
この美しい建物のある敷地内には野外劇場を囲むように水辺があるのですが、毎年この時期になると、何度か凍ってしまいます。
四季折々に美しい表情を見せてくれる国際村とその周辺。
昨夜は、風で飛ばされてきたと思われる落ち葉が、氷のなかで標本のようになっておりました。


来月3月28日(木)には町内外で活躍を続けているこの2つのグループが七ヶ浜国際村ホールにて今年度のお稽古の成果を発表いたします。 (7時開演、入場無料)

暖冬といわれるこの冬ですが、お稽古場の様子を見て外に出ると、その発表へ向けた彼らの熱気が館内から届いて、この水辺の氷をもあっという間に溶かしてしまうようにも感じます。しかし風が吹いても動かぬ落ち葉を眺めていると、ブルっときます。やはり外は寒いですね。
この寒さも今週くらいまででしょうかねぇ。

寒さは春への恋心を募らせます。

2019年2月10日日曜日

継続

中学生のころに英語の授業で教わった Practice makes perfect という言葉はなんだかずっと腑に落ちないままでいた。
perfect が形容詞であることによるのかもしれない。なぜperfectionではないのか…。「習うより慣れろ」とか「継続は力なり」などと訳されるが、やはりピンとこないままであった。

しかしながら、30年近く子どもたちと舞台づくりを続けていると、少しだけリアリティをもって、その言葉が私に近づいてきている感じがすることがある。

来月は鎌倉市にある鎌倉芸術館で七ヶ浜町のミュージカルグループ「NaNa5931」が地元の皆さまからのお招きに預かり『ゴーヘ』というミュージカル作品を上演する。
その舞台へ向けて七ヶ浜国際村では毎週お稽古が続く。本番近くには集中稽古も予定され、メンバーも関係者も熱気にあふれている。

そのお稽古を覗くと、出演者の自主性の高さには驚かされる。梶賀先生はじめ指導者の短い指示で、みるみる各チームに分かれた稽古が進んでいくのだ。
先の Practice makes perfect という言葉がにわかに立体化してわかってくる瞬間である。


2019年2月4日月曜日

『忘れたい忘れない』チラシできました。

あと一月余りで8回目の3.11がやってきます。

来月のSCSミュージカル研究所公演は、
『忘れたい忘れない』
毎年3月には、想いを込めて、祈りを込めて、
希望のステージをつくります。




2019年
3月30日(土) ①15:00 ②18:00
3月31日(日) ③11:00 ④15:00
@エル・パーク仙台スタジオホール
料金¥2,500(前売り)
問合せ022-224-7051(SCSミュージカル研究所)
www.scsmusical.com

2019年1月26日土曜日

渋谷にて

ミュージカルはその歴史からみてもバレエと深い深いつながりを持ち、現在もなお進化し続けているのだということを、あらためて認識した作品でした。
劇団四季のミュージカル『パリのアメリカ人』 。


会場はシアター・オーブ。
しばらくぶりに訪れた渋谷は、オリンピックを前にしたせいか駅周辺などずいぶんと様変わりしていておりましたね。
上演中はハイレベルなダンスシーンや緻密で大胆な転換、美しいガーシュインのメロディなど、大いに楽しみました。SCSミュージカル研究所出身の渡邊寿宏さんのダンスも光っていました。

我が研究所の卒業生の皆さんの活躍はほんとうに嬉しく、我々の創作活動に関しても大きな励みになっています。

一方『パリのアメリカ人』の背景に第二次世界大戦が描かれていたからでしょうか。圧倒的なダンスとその美しさに酔いしれつつ劇場を後にしながら、そして変わりゆく東京の街をながめつつ、なぜか1964年の東京オリンピック(私は3歳半であったが微かにその記憶がある)は、「もはや戦後ではない」という猛烈な勢いのあった昭和30年代の締めくくりであったのかなぁなどとぼんやり考えていました。

今度のオリンピックの年にSCSミュージカル研究所も30年目を迎えます。
もっともっと様々な作品を観て、様々な芸術に触れて、私たちももっともっと進化しなければなりません。
そんなふうに思いつつ平成も暮れゆく冬の日の渋谷を後にしたのでした。


2019年1月17日木曜日

松島

地元の観光地というところには、お客さまと一緒でもなければまず来ることはありませんが、今日は、七ヶ浜町のお稽古場に向かう途中ちょっと寄り道して松島(だいぶ寄り道ですな)へ。

お目当ては湯の原温泉霊泉亭。


ひとっ風呂浴びてから、元気にお稽古場へと向かいました。

一昨日このブログで温泉のことに触れたからでしょうか。
無性に温泉に入りたくなりましてねぇ(笑)

温泉にも禁断症状ってあるのかしらん。






2019年1月15日火曜日

お湯

「聖域としての温泉」(梅原猛著『日本の深層』縄文・蝦夷文化を探る 集英社文庫より)
湯殿山のご神体は湯の出ている岩である。私はあちこちの縄文遺跡を回ったが、不思議に近くに温泉のあるところが多い(中略)いまの日本語では熱い、水を沸かしたものも湯というが、それは本来は湯ではないのである。湯はあくまで自然に出現している湯のみ、温泉のみをいう言葉である。湯の湧く岩に古代人がどんな神秘を覚えたか、察するにあまりある。(以上抜粋)

この文章に初めて触れた時には、私はほとんど温泉などに興味のない生活をしていた。
ところが最近はすっかり温泉づいている。先日も、とある温泉で湯につかりながら空を舞う雪を観つつ、先の一節をぼんやりと思い出していた。


梅原先生の本には随分と刺激を受けることが多かった。
そんな折に昨日の報道で梅原先生の訃報に接した。
なんだか気持ちが少し落ちた。
奇しくも写真にある著書を昨年の暮れから読み直していたところであった。
ついぞお会いすることはなかったのだけれど、私にとっては、いつかお会いしてお話をお聞きしたい巨人の一人であった。
仙台生まれということで、親近感が湧き、ずいぶん梅原先生の文章を読ませていただたいた。その文章からさらに親近感をもっていた。そして先生が示された学説や推察は私の仕事にも関連付けられる多くのヒントが隠されていた。
東北の地より静かにご冥福をお祈りするばかりである。

やはり、会いたい人には会っておくべきだ。



2019年1月7日月曜日

ジャンプ!

SCSミュージカル研究所は5日に稽古初め。そして先週から今週にかけて仙台で5クラス、七ヶ浜町と米沢市でそれぞれ1クラスずつお稽古場が始動いたします。

仙台のお稽古場では、ジャンプ!からはじまりました。
みんな嬉しそう。


ことしも全員が健康で楽しい舞台がつくれますように。

2019年1月4日金曜日

リーディングマラソン

2019年のSCSミュージカル研究所。
お稽古始めはまだですが、今年のリーディングマラソンはもう始まっています。

昨年の優勝者は一年間でで119冊読破!もちろんそれぞれに感想文または絵を添えて私に提出してくれました。


毎年「納会」の席でその結果発表します。
沢山がんばったひとには、ご褒美です。
表彰状+副賞として、役員たちがポケットマネーで買った文房具なんかを添えて。

リーディングマラソン。
今年も研究生たちが、どんな感想文や絵を書いてきてくれるのか楽しみです。
我がSCSでは、ミュージカルに関するレッスンはもちろんですが、本を読むことを大変重要なことと位置付けています。すなわち読書は、ダンス、歌、お芝居、それぞれの読解力を高め、あらゆる表現力を磨くために手軽にできる最良の手段だと考えているからです。そして、そこにあることばは、こどもたちのいのちを育み、時には彼らが直面する困難から救い出すこともあるからです。

「良き書物を読むことは、過去の最も優れた人達と会話をかわすようなものである。」(デカルト)


2019年1月3日木曜日

あけましておめでとうございます。

大晦日から元旦にかけては、故郷米沢市にある白布高湯温泉にてゆっくりさせていただき、明日までお休み。5日の稽古初めから本年の業務開始であります。

今年も沢山のみなさまとの出会いがありますように。
みなさまに楽しんでいただける舞台作品がつくれますように。
そして、みなさまとともに健康でありますように。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

平成三十一年 元旦
廣瀬 純