2009年12月31日木曜日

帰省


大晦日。

雪の米沢に帰省してきました。
玄関先の植木はご覧のように雪が。
元旦の朝にはもっと積もっているだろうなぁ。

今年もファンのみなさま、JUN_harvestはもちろん、SCSミュージカル研究所関係者の皆様、本当にお世話になりました。

このブログも「時々ブログ見てますよ!」という沢山の方々のお声に支えられ、おかげさまで何とか半年続けることができました。
JUN_harvest日記といいつつも、筆者であるボーカルのヒロセ純はSCSミュージカル研究所の代表も兼務するということもあり、SCSやミュージカルの話題が多かったかもしれません。
まあ、これもJUN_harvestの個性のひとつということで、何卒ご容赦をm(__)m

それでは、みなさん、よいお年を!

2009年12月30日水曜日

忘年会


昨夜から(上記写真の日付からもおわかりのように)今朝未明にかけて、仙台の老舗劇団IQ150の忘年会に参加してきました。
かなり楽しめました。

JUN_harvestのサイトウミノル、只野信也も一緒です。
2人ともIQ150とは、音楽の分野で深いつながりがあります。

主宰の丹野久美子さんとも久しぶりにゆっくりお話ができて有意義な時間となりました。
来年は仙台の演劇人の皆様との交流をもっと深めて行きたいな(^^)

朝方まで、酔っ払いのためにずっとお酒を飲まずに送迎運転手をしてくれたFさん、ありがとう!

2009年12月29日火曜日

食べ納め


年賀状は無事、出せました。
ほっ。

師走の忙しさで忘れてましたが、昨日の昼、ぴーぷるのナポリタン食べ納めしました(^^)

2009年12月28日月曜日

年に一度の大仕事

有限会社純クリエイションは本日が仕事納めです。
一年間沢山の皆様にお世話になりました。
ありがとうございました。

そして、1年に1度の大仕事。
年賀状!

何としても明日までには投函するぞぉ!

2009年12月27日日曜日

2009年納会

今日は、毎年恒例のSCSミュージカル研究所稽古納め(納会)です。
参加メンバーは5歳から79歳までの現役研究生。
そしてご家族のみなさん。
ひとりひとり、手作りの1品を持ち寄っての大パーティーです。

今年1年の表彰がありました。
受賞者には梶賀先生が自ら選んだ記念品の贈呈もありました。
受賞されたみなさん、おめでとうございます。

ちなみに受賞された方のお名前は以下の通り。(敬称略)

黎明賞 渥美可奈(33期生)
アイドル賞 草薙潤一(ODC)
アプローズ賞 松野 豊(リフレッシュ教室)

新人賞 石橋美奈(プライマリークラス)

助演男優賞 安倍大夢(24期生)
助演女優賞 佐藤月乃(34期生)
助演女優賞 小野詩織(25期生)

主演男優賞 田村翔太郎(32期生)

主演女優賞 廣瀬 奏(33期生)


受賞者のみなさん、おめでとうございます!

2009年12月26日土曜日

大掃除って…

昨日までの公演の疲れも見せず、SCSミュージカル研究所のメンバーは午前中から稽古場で大掃除。

稽古場は、ぴっかぴかになりました。

僕はといえば、夕方からの顧問税理士さんの月例監査にむけてデスクワーク。
ところで、この事務所、大掃除する時間は年内にとれるかなぁ…

2009年12月25日金曜日

メリークリスマス♪


今日も沢山のお客さまにおいでいただきました。
ありがとうございます。

実はぶんぶん姫、今年は5代目になりました。
昨年までのぶんぶん姫(田村香織さん)は、
現在アメリカにてお勉強中。
今年は、廣瀬奏さん(9歳)
無事に2時間10分のステージをやり遂げました。

お客さま、出演者の皆さん、スタッフの皆さん
お疲れ様でした。

よいクリスマスを!

2009年12月24日木曜日

「これでいいのか、ぶんぶん!」開幕!


おかげさまで、SCSミュージカル研究所
恒例のクリスマスミュージカル
「これでいいのか、ぶんぶん!」
無事開幕!
たくさんのお客様においでいただきました。
ありがとうございます。

写真はゲネプロでの一幕。
撮影はヒロセ純。
ヒロセも出演者ですから僕の写真はありません。


撮影しながら思ったこと。
死ぬまでに1度でいいから
自分の舞台を
客席から生でみてみたい…

2009年12月23日水曜日

JUN_harvest Xmasライブ

七ヶ浜国際村で夕方からJUN_harvestのライブ!
無事、沢山のお客さまにお聴きいただき、最後は、きれいな花束までいただきました。
七ヶ浜のみなさん、どうもありがとうございます。
終演後、客席にいらしたある女性が駆け寄ってきて
「とてもいい歌ですね。」
と声をかけていただきました。
「CDはあるんですか?」
「もちろん、あります。」
急いで、車に走って[KIZUNA]を取りに!
僕らのうたを真剣に聴いてくださっていたのですね。
感謝です。
これからも、1つ1つ丁寧にライブを、歌を、こなしていきたいと思います。

今日のライブ、ドラムの健ちゃんはお休みでしたが、
3人で、健ちゃんの分もしっかり歌い、演奏しましたよ。
健ちゃん、早く良くなってね!

ライブ終了後、僕は急いでSCSミュージカルの仕込み会場へ!

2009年12月22日火曜日

来年のために

今日は、会計と、雑務。
夕方には、来年のために、とあるところで仮契約。
SCSミュージカル研究所は来年20周年ですからね。
なんの契約かって?
それは、年が明けてから、徐々にね。

2009年12月21日月曜日

みちのくミュージカルシアターXmas
















今日は「みちのくミュージカルシアター」(MMT)のクリスマス会にお呼ばれしました。

外は、氷点下の寒さ。路面も凍結しています。
しかし、稽古場でのみなさんのパフォーマンスは、それはそれは、あったかいものでした。

3つのグループに分かれて、それぞれが、オリジナリティ豊かな寸劇を発表してくれました。

「自分たちの手」だけではじめてつくられた作品です。

とても感動しました。















ミュージカル平泉実行委員会の齋藤事務局長から、ビックニュースの発表もありました。
そのことは、追々このブログでも紹介していきますね。

稽古場を後にした後、もちろんみんなで居酒屋に移動!
なのでありました。

2009年12月20日日曜日

ぶんぶんお稽古


恒例のSCSミュージカル研究所クリスマス公演が近づいてきました。
今日は、通し稽古です。

最高齢の松野豊先生(東北大学名誉教授)もがんばっています。
松野先生、来年は80歳になられるとか。
とてもそうは見えません。
芝居はもちろん、ダンスやコーラスもこなしておられます。

2009年12月19日土曜日

まろさまのお写真が…



ある場所で、SCSの舞台にもたびたび出演していただいている宮城学院女子大学日本文学科教授の深澤先生の写真が目に留まりました。SCSでは、「まろさま」の愛称で人気者です。
掲載されている雑誌は、仙台市市民文化事業団が発行している情報誌
「ARSEN(アルセン)・文化の扉」2010年1月号。
仙台の各区役所などの公所、市内郵便局などで配布されているそうです。
僕は、今日両親を送迎した際に仙台駅の観光案内所で手に入れました。
なかなか興味深い内容でした。
皆さんも是非ご一読を。

2009年12月18日金曜日

今年最後の米沢レッスン


今年最後の米沢でのミュージカルレッスン。
夕方から、急に冷え込みあっという間に雪が積もりました。
途中の道路は凍結していて、クラッシュしている車が3台ほど…。
まぁ、米沢の冬らしい夜ですが。

でも、稽古場は、熱かったですよ~。
梶賀センセから、冬休み中の宿題も出ました。

よねざわ市民ミュージカル「伝国座」の皆さん、いよいよ来年は旗揚げ公演ですね。
がんばりましょー!

2009年12月17日木曜日

今年最後の七ヶ浜レッスン

小雪のちらつく中、今夜は七ヶ浜での今年最後のレッスン。
「成果発表会」というかたちで、ミュージカルグループ「NaNa5931」と、パーカッショングループの「Groove7」がそれぞれ七ヶ浜国際村ホールの舞台で工夫をこらした発表を行ってくれました。

七ヶ浜国際村といえば、毎年クリスマスのイルミネーションも評判です。
今日も地元のTV局などが取材に訪れていました。
今年はかわいいサンタもいます。




サンタ1:今日は雪も降ってきて一段と寒いのう。プレゼントの仕入れも大変だった。
サンタ2:やっぱ、焚き火は正解だったね。身体が冷え切ってしもうた。
サンタ3:ところで1さんは、ここで来週クリスマスのコンサートがあるって知ってた?
サンタ1:おう、もちろんさ。
サンタ2:オレも知ってる。毎年恒例だもんな。わしは、それ聴いてからプレゼントの配達に出かけるんじゃ。
サンタ3:今年もJUN_harvestが出演するらしいよ。
サンタ2:誰?
サンタ3:JUN_harvestだよ!知らないの?
サンタ2:去年、わしも聴いたよ。なかなか良かったよ。
サンタ3:今年は、去年の七ヶ浜ミュージカルのタイトル曲「KIZUNA」も演奏されるらしいよ。演奏は17:15から。
サンタ1: ほう、わしははじめて聴く名前じゃが、時間的にもちょうどいい。じゃぁ、わしもそれ聴いてから配達に出かけるかな。
サンタ3:それがいい!今年はみんなで聴いてから配達にでかけよう!

2009年12月15日火曜日

ぴあの情報誌に記事が載っています。


電子チケットの「ぴあ」東北版に、来週のSCSミュージカル「これでいいのか、ぶんぶん」の情報が写真入りで掲載されています。
コンビニなどで、無料で手に入りますので、是非ごらんください!

今日も、稽古場では来週に向けての熱気あふれる稽古が進行中です。

2009年12月14日月曜日

フラダンス

仙台にあるハワイアンショップ『Mau Oafu』(マウオアフ)主催のクリスマスパーティに行ってきました。
場所は南町通りにあるアーカンジェル迎賓館。
バンドが入るということもあり、筆者が事前にちょっとお手伝いしたこということもあり、スタッフの皆さんへのご挨拶もかねて出かけました。
沢山のフラダンサーたちと、ハワイアン音楽の流れる中、豪華なクリスマスパーティーでした。
なかでも、ハワイやフラをテーマにした、ウェディングドレスのファッションショーは、なかなかのものでした。

仙台は、フラの人口が多いといわれていますが、実際にこうして踊っている沢山のみなさんを目の当たりにすると、それもうなずけます。

いろいろと勉強になったパーティーでした。

2009年12月13日日曜日

徹夜

昨日は(本日日曜日の)稽古に間に合わせるべく、徹夜で曲を仕上げました。
このところ制作(プロデュース)の仕事に追われておりましたので、久々にミュージシャンに変身しての作業でありました。

昨夜の作業は、もともと1999年に作曲した曲のアレンジ直しでしたが、やはり、10年たつと、コンピュータを使用した当時の自分の編曲技術の未熟さを痛感します。
もちろん現在も修行中という感覚は変わりませんが、コンピュータやソフトウェアの進歩にだいぶ助けられています。

しかし、メロディーの発想は、まったく別次元もの。
ゆえに、当時の感性を残すべく、メロディーはそのまま、アレンジを1からやり直してみました。

今度のクリスマス(12月24日~25日)は、ぜひ、SCSミュージカル(+ヒロセ純の音楽)で素敵な思い出を!
みなさまのお越しを心からお待ち申し上げております。



公演の情報はSCSホームページでもごらんいただけます。

2009年12月11日金曜日

よねざわ市民ミュージカル~音楽担当榊原先生

よねざわ市民ミュージカルタイトル記者発表から早いもので1週間経ちました。

今日は、榊原光裕先生による第1回目のリズムトレーニングです。
みなさん、緊張の面持ちながらも、徐々に榊原先生のレッスンに引き込まれていきます。



外は雨ですが、今日の稽古場は、いつもの伝国の杜ではなく、米沢市立南部小学校(筆者の母校)のそばにある、南部コミュニティセンターを使わせて頂いています。さらに、初めての榊原先生のレッスンとあって、いつもとはまた違った緊張感と熱気に包まれています。

今回の作品「Faith」(信義)の背景となる時代は、大正時代から昭和初期。
榊原先生からは、当時の音楽状況や、ジャズのお話などもいただき、とても有意義な時間を過ごしました。
たとえば「聖者の行進」って、あの陽気な音楽、当時はお葬式で使われていたとか…(びっくりですね)。

台本の進行に伴って、榊原先生にどんな音楽を創っていっていただけるのか、今からワクワク。楽しみです!

2009年12月10日木曜日

七ヶ浜(来週の成果発表会のお知らせ)

七ヶ浜に来ています。

来週は、七ヶ浜国際村パフォーマンスカンパニー、NaNa5931とGroove7の2つのグループ、恒例の年末成果発表会があります。

今日は、みんなその稽古に励んでいます。

成果発表会は、先月の公演とは違い、基本的に「素」の舞台を使いって日ごろの稽古とその成果を関係者に見てもらう会です。
参加者ご家族のほか、興味のある方はどなたでもごらんいただけます。

今、七ヶ浜国際村で、どんなことが行われているのか、興味のある方は、
来週是非七ヶ浜国際村に遊びにきてください!


●と  き:平成21年12月17日(木)
●と こ ろ:七ヶ浜国際村ホール
●日  程:
18:00~ 集合~ストレッチ
18:45~ 開会あいさつ・全体説明
19:00~ NaNa5931成果発表
20:00~ Groove7成果発表
20:40~ 閉会あいさつ

2009年12月9日水曜日

ぶんぶん情報


またまた河北新報ネタですが、本日の朝刊に、今月のSCSミュージカル「これでいいのか、ぶんぶん!」の広告を載されています。
このあとも、何回か掲載してもらう予定です。
チケットお申し込みの際は「河北新報をみた」とおっしゃっていただくと、プロデュース担当の筆者としては、今後の舞台制作の参考になるんですが…(^^)
皆さまのご協力を宜しくお願いいたします。

ちなみに、今回のミュージカル、ヒロセ純もちょっと出演します!
公演の情報はSCSホームページでもごらんいただけます。

2009年12月8日火曜日

よねざわ市民ミュージカルの記事

本日の河北新報朝刊21面に「米沢ミュージカル」の記事が掲載されました。
河北新報をお持ちのかたは、早速チェックしてみてくださいね。


地元、米沢のほうでも、話題になりつつあるようです。

今後ともみなさまのご声援のほど、宜しくお願い申し上げます!






2009年12月7日月曜日

ロクさん無事退院(^^)

事務所ねこの長老、ロクさん、本日無事に退院してきました。
元気になりました。
食欲も旺盛。
安心です。

夕方から稽古場では、何やら男子チームがXmasの公演に向けて特訓中。
梶賀センセは劇団四季の「アンデルセン」公演へ。
筆者は、相変わらず退院後のロクさんケアしながら、デスクワーク…。

2009年12月6日日曜日

台本

クリスマスのSCSミュージカル
「これでいいのか、ぶんぶん!」の台本が、ようやくUP!
今、アシスタントの草薙くんが、できたてホヤホヤ、
湯気の上がりそうな台本をかかえて、
事務所から稽古場に走っていきました!

作・演出=梶賀千鶴子
音楽監督ーヒロセ純

公演の詳細は
http://www.scsmusical.com
まで。

2009年12月5日土曜日

よねざわミュージカルタイトル決定!

昨夜は、山形県米沢市にあるホール「伝国の杜」にて市民ミュージカルの制作発表会がありました。
タイトルとあらすじの発表です。
関係者、マスコミの皆さんの前で、阿部三十郎米沢市長、亀岡博実行委員長の手により、タイトル看板の除幕式。



作品のタイトルは

「Faith」(フェイス)
~未来をつむぐ実験室~


FAITH… それは信念、そして信頼。
フェイス… それは米沢の地に受け継がれている大切なもの。

大正時代の米沢にあって、人絹の発明に命をかけた科学者
―秦逸三(はたいつぞう)― 挑戦のストーリー !

不思議な動物たちに導かれ、
研究室に迷い込んだこどもたちと、ノブヨシ青年が、
秦先生の足取りをヒントに、
米沢の新しい未来に想いをはせます。


作・演出を担当する梶賀千鶴子より、概要の説明が行われ、
筆者ヒロセ純は、制作担当の立場から、質疑応答に応じました。

このミュージカルは、米沢市市制施行120周年&山形大学工学部創立100周年を記念して制作されるものです。

米沢市でオリジナルミュージカルが制作されるのははじめてのことで、昨夜は阿部市長からも、出演予定者関係者に対し直接激励のことばを頂戴しました。ある意味で歴史的な瞬間に立会い、一同、緊張の面持ちでセレモニーを終えました。



よねざわ市民ミュージカルの
公式ウェブサイトはこちらから。

2009年12月3日木曜日

七ヶ浜(衣裳回収)

ミュージカルの公演が終わると「衣裳クリーニング、回収、整理、収納」という大仕事が待っています。
今日の七ヶ浜稽古場は、先月の衣裳回収。
僕の車は、人が乗れないぐらいたくさんの衣裳で埋まり、仙台へ!

それから、よねざわ市民ミュージカルのタイトルを本日決定しました。
明日19時から米沢で制作発表(記者発表)をおこないます。
お楽しみに(^^)

2009年12月2日水曜日

「人間になりたがった猫」「エルコスの祈り」 梶賀千鶴子台本映像作品の紹介

ヒロセ純が代表を務めるSCSミュージカル研究所主宰の梶賀千鶴子台本作品についてちょっと紹介しま~す。



劇団四季ミュージカルの中でも人気の高い「人間になりたがった猫」がDVDになって発売されました。
発売元はNHKエンタープライズ様。
同社のオンラインショップから手に入りますよ。

それから、同じく梶賀千鶴子台本作品、劇団四季ミュージカル
「エルコスの祈り」(旧題名:エルリックコスモスの239時間)が、テレビで上映されます。
放送局:NHK教育テレビ
放送日時:12月23日(水・祝)
放送時間:午前9時~10時40分
(放送日時は変更になることもありますから、事前にテレビ番組表などでチェックしてくださいね)

昨夜のバンドミーティング

昨夜は、久々に、JUN_harvestバンドミーティング。
ドラムの健ちゃんは風邪で欠席。3人の男たちが居酒屋に集まりました。
21:30 スタートということもありましたが、いやぁ、実に内容の濃いミーティングでした。

その(長い)バンドミーティング(というか飲み会?)でも、ちょっと話題が出たので、ここで皆さんにも…。
音楽とは直接関係ありませんが、去る11月11日(水)の行政刷新会議の事業仕分け作業で、
医療用漢方製剤(漢方エキス製剤・煎じ薬)を健康保険から除外する、という案が出されたことは、みなさんご存知でしょうか?

つまり、医師が処方する漢方薬でも保険が利かなくなるということです。これは困ったことです。
現在、医師の7割以上が漢方薬を使用して、国民の健康に寄与してきているそうです。もちろん、がん治療などにもかなり多くの場面で使用されています。

政治的な意味はまったくありませんが、ヒロセ純は、この案に反対します。
JUN_harvestのメンバーも漢方薬には時々お世話になっています。
みなさんの周囲にも漢方薬をお医者さんに処方してもらっている方はいませんか?

もし「私も同感」という方は、こちらから反対する電子署名を是非おねがいいたしま~す。
第2回締切は12月7日(月)だそうです。

あ、それから、昨日のブログで書いたロクさんの病状ですが、
「重い腸炎」との診断で、しばらく入院(ーー;)だそうです。
もちろん、家族同様であっても、ねこには健康保険は当然適用されません…

2009年12月1日火曜日

師走


今日から師走。
案の定バタバタです。

さらに、事務所ネコ長老ロクさんが昨日からちょっと体調崩し、今日は食べなくなってしまいました。
仕事の合間を縫い、かかりつけのお医者さんに連れて行くと、やはり入院ということに…

写真は、病院到着後、まずは体重と体温測定の図。

ロクさんがんばれ!

2009年11月30日月曜日

あっという間の月末

先週の今日、七ヶ浜の公演を終えたばかりというのに、もうずいぶん昔のことのように思えます。
今日は、月末。零細ながら会社を経営する身としては、なにかとバタバタいたします。今日は一日デスクワークと銀行であっという間に日が暮れてしまいました。

明日からはいよいよ12月。
JUN_harvestのライブもあります。
会場は、先週ミュージカルをやったばかりの七ヶ浜国際村。12月23日(祝)17:15分スタート。

例年、会場の国際村はきれいなイルミネーションで彩られます。
ちょうど、僕らのライブスタート時には日が落ちてあたりは幻想的な雰囲気に。

会場は屋内ですが、ガラス張りでイルミネーションがきれいに見えます。
是非みなさん、いらしてください!
当日、会場でCDも直販いたします(^^)

イベントの詳細はこちらからどうぞ。(入場無料)

2009年11月29日日曜日

無事仙台到着。

今回の東京出張は、いろいろと意義深いものがありました。
お世話になった皆様、ありがとうございます。

そういえば、上田亨さんとのお話のなかで「最後の忠臣蔵」の話題がありました。
上田さんは、時々明治座のお芝居で音楽担当されています。
上田さんの劇中音楽はいつも素晴らしい。
ちなみに明治座「最後の忠臣蔵」のサイトは以下の通りです。

http://www.meijiza.co.jp/info/2009/12/main.html

お時間のある方は是非ごらんになってください。

それから、JUN_harvestのCD、またまた関西から追加注文いただきました。
すこしづつですが、僕らの音楽を聴いてくださる方が増えていきます。
ありがたいことです。

仙台では、目の前の仕事に忙殺されがちですが、
東京で散歩しながらいろいろ考えました、

とにかく、もっともっとたくさん曲を作らなくちゃ…

2009年11月28日土曜日

昔通った建物

東京出張2日目。
昨夜は作曲家の上田さんと深夜まで酒を酌み交わしました。
有意義な時間でした。

夕方のアポに少し時間があったので、神田神保町界隈をぶらり。
東京に来るたびに、いつかまた歩いてみようと思っていたこの界隈。
なぜなら、20代の後半、会社の研修で毎日このビルに通っていたのです。

















周辺は、だいぶ変わっていましたが、20数年前の記憶が少しずつよみがえってきました。
文系の僕には、フローチャートはまだしも、COBOL(事務用のプログラミング言語)はなかなかとっつきにくかったなぁ。
このビルでの研修ではじまった僕のサラリーマン生活4年間は、実に貴重なものでした。
今でも相当役に立っています。

昼時によくお世話になった「天麩羅いもや」、ありました。
今度、時間のあるときに入ってみようっと。

さて、今日中に仙台に戻らなければなりません。
そろそろ、次の待ち合わせ場所へ…

2009年11月27日金曜日

歌舞伎座

本日は東京出張中。
舞台関係有力者の方、何名かと会談。

タイトな日程のなか、友人の演出家の車で次のアポイント場所へ移動中、
歌舞伎座の前を通りかかりました。

















「歌舞伎座、立替なんだよね」
「えっ、いつ?」
車内でそんな会話をしながら、写メ。
携帯のシャッターチャンスはむずかしい。
タクシーの写真のようになってしまいました。

建替えの着工は平成22年5月、再開場は平成25年の春になる予定なんだそうです。
現在「さよなら公演」を上演中。
今回は無理だけど、チャンスがあったら観たいなぁ!
歌舞伎も、立派な日本のミュージカルであります。

2009年11月26日木曜日

花泉


岩手県一関市にある花泉小学校というところで
梶賀センセがPTA向けの講演会
みちのくミュージカルシアターの皆さんとの
打合せも兼ねて僕も花泉へ同行




花泉にあるレストランでMMTの皆さんとお会いし
カプレーゼというパスタをご馳走になりました
うまい!

その後、また小学校にお迎えに行き、
梶賀センセも合流。案の定センセは
MMTメンバーのお宅に移動で、宴会
そして盛り上がり…

本日も一関の皆様には本当にお世話になりました!
ありがとうございます。

2009年11月25日水曜日

古川の貴婦人=^_^=



純クリエイション顧問税理士の先生の事務所にいらっしゃいますノーブルなソーニャちゃん。
血統証付ルシアンブルー。
でも、今回もぼくのはいたスリッパを愛してくれています(^^)


月例の会計監査のあと、古川の稽古場に行くと、
何人かが残って、クリスマスメドレーの特訓中。
…そうだよねぇ…気がつけば、1ヵ月後はもうクリスマスだぁ(^^ゞ

2009年11月24日火曜日

事務所にて



本日は「七ヶ浜終わるまで待ってねぇ~」と言ってた仕事がたまりにたまり、終日デスクワーク。
事務所ねこたちは、およそ4日間ほとんど相手してやれなかったせいか、かなり甘えん坊になっています。
ふだんは、喧嘩を売る相手のアオにマメが手をかけて寝ています。
アオも拒否せずにずっと同じ姿勢を保っています。

2009年11月23日月曜日

七ヶ浜国際村公演最終日。


これは、会場にディスプレイされていたアフリカの楽器「ジャンベ」。
そうなんです。
3日間にわたる七ヶ浜国際村パフォーマンスカンパニー公演、本日が最終日。
国際村でヒロセ純が制作を担当するもうひとつのグループ、Groove7((グルーブ・セブン)のコンサートです。
このグループは、マリンバ走者の星律子さんを中心とする先生方に指導していただいています。
国際村の庭には、スタッフのみなさんが作ってくださったGroove7メンバーのミニチュアが…



一方、本日のコンサートには、ミュージカルグループNaNa5931からも8名が出演。
良い天気に誘われて、みんなお外でバーレッスン?


公演は、沢山のお客様と、沢山の拍手の中、アンコールまで頂き、無事に終了しました。



舞台のバラシ&お掃除。
舞台が華やかなぶん、終わるとちょっと寂しい気もしますね。
しかし、最後のスタッフ解散まで無事に完了させることが僕のお仕事でもあります。
そういう意味では、ここまでくると、ちょっとほっとします。

2009年11月22日日曜日

NaNa'09公演終了。町外ミュージカルグループとの交流会も。

七ヶ浜
国際村パフォーマンスカンパニー
NaNa5931公演
NaNa'09
おかげさまで無事終了しました。


たくさんのお客さまにご来場いただきました。
こころから感謝申し上げます。




最後に出演者全員でパチリ!

昨日の「伝国座」(山形県米沢市)のご来場に続き、本日は、「みちのくミュージカルシアター」(岩手県一関市)、「AZ9ジュニアアクターズ」(宮城県仙南地域)、「ドリーム☆キッズ」(宮城県登米市)、「塩釜市民ミュージカル」(宮城県塩釜市)の各グループからも沢山のご来場を頂き、簡単なものでしたが、公演終了後に、劇場にて交流会も開催することができました。
短い時間でしたが、とても有意義な内容でした。
関係各位の皆様に、この場をお借りして心から御礼申し上げます。

2009年11月21日土曜日

七ヶ浜ミュージカル初日無事終了!


七ヶ浜国際村ミュージカル「NaNa'09」の初日の幕が無事に開きました。

関係各位のご尽力で、各出入り口での消毒液の設置などインフルエンザ対策も十分に行い、会場いっぱいにおいでになったお客様には入り口でマスクを配布。
お客様には、ご迷惑かと思いましたが、趣旨をご理解頂きトラブルもありませんでした。

出演者の舞台いっぱい使った演技で、アンコールも頂戴し、会場は、大いにもりあがりました。
帰り際には「すばらしい」「感動でした」「元気をもらいました」
といった感想を何人かに頂戴しました。
本日のお客様にあらためて感謝申し上げます。

今日は、よねざわ市民ミュージカル「伝国座」の皆さんも
30名バスで駆けつけて下さいました。
百聞は一見にしかず。
今日は主催者のご厚意でゲネプロからの見学もありました。

来年は伝国座の皆さんがミュージカルのステージを初体験する番ですね。
がんばりましょうね!

さて、あしたは2ステージ!
出演者は益々気合いが入っているようです(^^)

舞台稽古



昨夜は、急ぎの書類作り久々に徹夜(・・;)
そのまま、仙台から七ヶ浜に移動してきました。

今日は、舞台稽古です。
インフルエンザ感染の対策のため、
全員マスクをしての舞台稽古。



子どもたちが帰った後も、スタッフは最後まで最善を尽くします。
音響スタッフとともに、僕も居残り。

時計を見ると
あっという間に日付が変わっていました。

2009年11月19日木曜日

支えるちから

七ヶ浜国際村パフォーマンスカンパニーのミュージカルやパーカッションアンサンブルコンサートに出演する子どもたちのお母さんたちは、公演当日、受付などの重要な部署のお手伝いをかって出てくれています。

今日は、お手伝いいただく当日の作業について担当職員の方から説明を受けて頂きました。

説明会の前に、僕もご協力への感謝とインフルエンザ対策などのお話をし、ご挨拶させて頂きました。

たくさんの方々の「支えるちから」があっての舞台づくりです。

2009年11月18日水曜日

インフルエンザのやつめ


今週末にせまった七ヶ浜国際村パフォーマンスカンパニー公演を前に、インフルエンザが相変わらず、子どもたちに猛威をふるい、学級閉鎖などが後をたたない。
子どもたちのハレの舞台。何とか実現させてやりたいものだ。
舞台では「台組み」といって、本番と同じ位置に舞台のセットが仮組みされ、稽古が進んでいます。
写真は、指導陣からあらためて本番前の心構えについてお話を受けるNaNa5931のメンバー。

2009年11月17日火曜日

昨日の総会が新聞に載りました。

昨夜の一関市での総会の様子が岩手日日新聞の記事になりました。

ミュージカル文化の定着目指す 一関・MMTが設立

というタイトルです!

因に、一旦解散した上演実行委員会は、MMTの皆さんの再演への情熱を支えるべく、今月10日に阿部実行委員長が再任される形で、 新実行委員会が立ち上がっています。
昨日のブログ記事では説明不足でしたが、そんなわけでヒロセも再演のお手伝いするという前提で総会への招待をお受けしたのでありました。

2009年11月16日月曜日

みちのくミュージカルシアター総会

本日は七ヶ浜でミュージカル「NaNa'09」スタッフ総見の日。
一方、岩手県一関市では、ミュージカル平泉上演実行委員会の解散に伴い、一旦立場が宙に浮いたようなかたちになっていた「みちのくミュージカルシアター」(MMT)が、 自分たちの規約をつくり、組織化して新たに立ち上がった記念すべき第1回総会が開かれました。

夕方僕は七ヶ浜にスタッフを残し、宮城県から岩手県に移動してその総会に出席。MMTの新たな旅立ちの席で祝辞を述べさせて頂きました。

一関公演、東京公演と感動の舞台を繰り広げた彼らの努力に改めて敬意を表するとともに、岩手県内での再演と、一関におけるミュージカル文化の定着を目指した取り組みに大いに期待するところです。

2009年11月15日日曜日

稽古場の夕暮れ

七ヶ浜国際村での公演までちょうど1週間。
(詳細はこちらから)
ここでは、ホールもロビーも、村長室も楽屋も、とにかく施設全部使用させていただいて連日稽古や準備が進められています。

セミナー室では「七ヶ浜おはりこーず」による衣裳製作も急ピッチです。
今日はこれから音楽監督の榊原光裕さんや、美術の(株)美研の皆さんも加わります。

パーカッションアンサンブルの「Groove7」の仕上げも上々。ホールの外まで熱気あふれる演奏が漏れ聞こえてきます。

七ヶ浜国際村全体が表現者たちの情熱につつまれています。

僕も印刷物の最終チェックやらスタッフとの打ち合わせやらでバタバタしています。
そんな中、ホールから事務室に移動する途中、外に目を向けると穏やかな夕暮れ。

ここの夕暮れは水面に反射する光もあいまって格別に綺麗です。
ちょっと、ほっとします。

さて、仕事に戻らないと。今日も夜遅くまで稽古や準備の作業が続きます。

2009年11月14日土曜日

プレスコ

昨夜はよねざわ市民ミュージカルの稽古でしたが、今日は七ヶ浜町に移動してきています。舞台を使った稽古の間隙を縫ってミュージカル「NaNa'09」の「プレスコ」作業。
プレスコとはプレスコアリング(prescoring)の略で、セリフや音楽・歌を先行して収録する手法です。

私たちのミュージカルの制作においては、
上演の際にオケと歌声のバランスをとるために
あらかじめ歌の部分をプレスコしておくことがあります。

決して口パクのためではありません。
お客さまに最高の音響空間を提供し、作品をさらに立体化するための大事な作業です。
音楽(オケ)も歌もいちばんおいしい状態でお聴きいただきたいですからね。

しかし音楽監督や演出家によって、こうした録音は使われる場合と使われない場合があります。

2009年11月13日金曜日

成せばなる




神妙な顔で実行委員会の方の
お話を聴いていいる
伝国座メンバーの面々

成せばなる
成さねば為らぬ
何事も
成らぬは
人の
為さぬなりけり

「伝国座」が活動する地元の名君
上杉鷹山公の
あまりに有名な言葉

今日の米沢でのミュージカルレッスンには
この言葉が取り入れられました。

さすがに皆さん米沢人!
この文句を書いたプリントなど
用意する必要などなく
全員が暗記していました

来月には台本の第1稿があがる予定です
これからますますレッスンの内容は
濃くなっていきます

2009年11月12日木曜日

まだマスク


七ヶ浜の公演も近づいてきました
今日は振付やポジションの確認です
相変わらず全員
マスク
新型インフルエンザ
猛威は衰えず

公演が無事にできるように
祈りつつ
別室では
スタッフの皆さんと
対策会議が続いています


2009年11月11日水曜日

キャッツの日

11月11日は「キャッツ」の日なんだそうです。
日本初演の日(1983年11月11日)を記念日として劇団四季が制定し、日本記念日協会が認定したのだそうです。日本記念日協会という存在、実は知りませんでした。

当時「キャッツ」は、SCSミュージカル研究所主宰、梶賀千鶴子先生が演出補を務めていました。
振付は故山田卓先生と梶賀先生が、キャッツのロンドン版とブロードウェイ版のいいとこどりをして行ったそうです。

当時は大変な苦労がいろいろとあったんでしょうねぇ。
そんなことなど関係なく、梶賀センセの自宅のキャッツたちは…


ひなたぼっこ。